お休み
こんにちは。SPKYです。
ちょっと忙しくなったのでこのウェブログもこれにてお休みとさせていただきます。世間の面白いブログのようにはいきませんでしたが楽しく書かせていただきました。読んでくださった方、コメントをくださった方、どうもありがとうございました。

私は映画を観たり音楽を聴いたりした後に、その作品についてネットで検索して情報を得るのが好きです。正確なデータもためになりますが、色々な人がその人のブログや日記に書いた気軽な感想を読んで「そうそう私もそう思った」「え~そうかなあ」などと共感したり反感を持ったりする時間も非常に楽しいものです。更新を止めたウェブログは、いさぎよくまるごと削除するのが筋かもしれませんが、誰かが同じように市井の声を求めて検索したときのサンプルのひとつになればと思いログはしばらく残させていただきたいと思います。それではまた機会がありましたらお会いしましょう。
[PR]
# by spky | 2005-05-20 23:00 | このブログについて
ドミノ・ピザ
ドミノ・ピザは私の好きな宅配ピザです。おいしいピザを食べたいというよりもアメリカンな文化を楽しみたいという時に利用しています。

今まで見てきた映画やテレビの影響なのでしょうか、個人的には宅配ピザがある風景と聞いて思い浮かべるのはアメリカのだらしない独身男性が腹を掻いたりしながら汚い部屋でテレビを見ているようなシーンです。私もまさしく汚い部屋でテレビを見ている独身男性なので、あのピザさえあれば同じムサさでもアメリカンなムサさになるのではと思い、ピザを頼みます。そうすると同じようにレンタルビデオなどをだらだら見ていても現実のわびしさに一種のフィルターがかかり、わざとそういうアメリカ人を演じているのだというような楽しい気分になるのです。

アメリカのイメージでいけばおのずとお店はドミノ・ピザになります(同じく老舗のピザハットはロゴがアメリカっぽくなくなってしまったため除外です)。最近はクラストもおいしいイタリアンタイプが選べるのですがあえてアメリカンなレギュラーで注文です。食べ終わった後もピザの空き箱と飲み物の空き缶をそのまま3日ほどテーブルの上に残しておき、一種のインスタレーションとしてしばらく楽しみます。

そんな遊びにも唯一の欠点がありました。個人的な話ですが、なぜか私は電話が大の苦手です。店員さんなどを含め、知らない人が相手となると恐怖も倍増です。したがってピザを注文しようと思っても受話器に手を伸ばした瞬間気分が悪くなってピザをあきらめることもしばしばでした。しかしその悩みも過去のものとなったのです。現在ドミノ・ピザはなんとありがたいことにインターネットで注文を受けています。ポストに入ってくる広告の割引クーポンも使えますし、ウェブサイトのゲームで遊び、よい成績を出せばそこでクーポンを得ることもできます。ゲームを上手にやって実質的な利益を得るという状況は現実には意外とないものなのでなかなか刺激的ですよ。私のように電話が怖くてピザが頼めない人はぜひネットで注文してみてください。b0063914_2595348.gif
[PR]
# by spky | 2005-05-13 23:30 | 食品
SUSSEX UNIVERSITY LIVE 1969 (DAVID BOWIE)
デビッド・ボウイは私の好きな大御所アーティストです。その歴史は長く分厚く、しかも人それぞれにいろいろな見方があるので私がここで概要をちらっと書くのも難しいところです。

私は一般的には評価の低い80年代後期のボウイ作品が一番好きですが、今日はそれとは別にとにかく愛聴している特別な一枚のCDについて書きたいと思います。オフィシャル盤ではないのですが、1969年2月11日のサセックス大学でのライブを収録したCDです。よく駅の中などで安く売っている謎のライブ盤CDがあるじゃないですか、ああいうシリーズの1枚で、昔どこかの駅ビルの電気屋さんで2枚980円とかそんなかんじで買ったと思います。いい買い物をしました。

フォークな頃のライブで、寂しげな曲が並んでいます。その雰囲気を最高に盛り立てるのが、なんともいえない音質の悪さです。音質の悪さを褒めるといってもそのへんのサブカルライターのようにわざと馬鹿にして面白く書いているのではありませんよ。激しいワウフラッターや高域の欠けた質感というものは、ただの懐かしさというものを超越して魂を揺さぶる重要な効果を持つということを私はこのCDで学びました。アナログ感を最新技術で再現することを後ろ向きだと冷笑する人もいますが、このCDを聴けばそうした取り組みはまだまだ探求の余地があると気づくはずです。マスタリングエンジニアやロウファイ・プロセッサーの開発をしている人もぜひこのCDをお手本にしてほしいと思います。

曇りや雨の日に一人でこのCDを聴くと、一瞬で絶望的なまでに寂しくわびしく悲しくなり、泣けてきます。そんな最高の作品ですがジャケットは最悪です。年代のまるで違う74年のオフィシャルライブ盤のジャケから写真をパクってきているのですが、例の暗闇の中で青白いライトを浴びて浮かび上がるボウイの姿をわざわざ切り抜いて、何を思ったかヤシの木の生えた南国のビーチの背景に貼り付けてあります。異次元的というか、地獄のマイアミバイスというか、不思議すぎて笑ってしまいますが、CDを再生すればそんなことは一瞬で忘れてまた泣けてくるのです。b0063914_0482733.gif
[PR]
# by spky | 2005-05-06 23:45 | 音楽(CD)
フィンガーチョコレート
フィンガーチョコレートは私の好きなお菓子です。細長いビスケットをチョコレートでコートした定番商品です。

スーパーで買い物をしていると定期的に森永やカバヤの大袋が売り出しになっているのでよく買って食べます。フィンガービスケットというとソフトな食感でやや平べったい形のものが多いですが、フィンガーチョコレートの中身のビスケットはハードな歯ざわりでシガレット状のシャープな形状になっています。チョコとのマッチングがよく考えられていて最高です。森永は大正時代から売っているそうですよ。しかしこの名前、日本語で「人間の指のような形のチョコレート」といわれるとなんだかオエッとなりますがフィンガーといわれればなんだかかっこよく聞こえます。外国語はいいものです。

外国といえば最近イギリスの老舗キャドバリーの「フィンガー ル・オリジナル」が近所で売っていたので食べてみました。日本の薄く波打つコーティングと違ってかなり分厚くチョコがかかっていて、いかにもキャドバリーな味のミルクチョコの風味が口に広がります。これはこれで日本のフィンガーと一味違っておいしいのですが、残念なのは銀紙にくるまれていないということです。フィンガーチョコの大袋を一気に食べ終わってふと傍らに顔を向けたときに目に入る大量の銀紙、あのキラキラ輝く景色から受ける達成感と不思議な罪悪感が味わえないとなると少々物足りないのです。b0063914_23595332.gif
[PR]
# by spky | 2005-04-29 23:00 | 食品
ティコ・ムーン
ティコ・ムーン」は私の好きな映画です。芸術漫画家のエンキ・ビラルが監督した2作目の実写映画です。

全編を貫く独特の美術設定が圧巻です。未来が舞台のSF的映画でありながらもむしろ古風な衣装とロケーションの中で物語が展開されます。SFの中で普通の背広というのはいいものです。古くはゴダールの「アルファヴィル」が引き合いに出されますが、あれは積極的に用いているかんじが低いのでここではおいておき、私はこの「ティコ・ムーン」と翌年のアメリカ映画「ガタカ」の2本が白眉であると思います。現在や過去のものを用いて観客に未来を感じさせるのは、現在と違うビジュアルを見せて未来を感じさせる通常の手法から美術的に一歩進んだ表現だと感じるのですが、ここは人によって好みが別れるところのようです。映画ではありませんが80年代の日本で、SF3Dオリジナルという模型作品のシリーズがありました(現在は権利関係からMa.K.と改題されています)。別の既存の模型を大胆に引用する手法を用いており、未来の戦争が題材でありながら、兵士が第2次大戦そのままの格好をしていたりしました。私はそのビジュアルに大変影響を受け、いまでもそういう雰囲気は大好きなのです。

黎明期のSF美術を再現するキッチュなレトロ・フューチャーもいいですが、クラッシックなものをより洗練された手法で活かしたこうしたシックな美術様式の映画をもっとたくさん観たいものです。せっかくの未来SFなのにこんな古臭いスーツなんて、と思う人もいるでしょうが、最近話題の「堀江社長」の件でも、まだまだ多くの人がTシャツよりスーツを着るべきだと感じていると報道されています。実際の未来もまだまだ背広が幅をきかせるかもしれませんよ。

ラストシーン、主人公が立つ宇宙船の窓には大きなヒビが入っています。常識人の「宇宙で窓にヒビが入っていたら死んでしまうのでは」というような考えをはるかに超越して、その新しく懐かしい映像は観客を慕情とも郷愁ともとれる不思議で強烈な感覚で包み込みます。私は涙を流しながらセンスという言葉はこういうクリエイトのためにあるのだろうと思ったものです。b0063914_2349080.gif
[PR]
# by spky | 2005-04-22 12:00 | 映画(作品)
Intérieur/Extérieur (MING)
MINGは私の好きなバンドです。ベルギーの電子ポップのユニットです。

2年前の夏ごろ、渋谷のイメージフォーラムでカレル・ゼマンの貴重な特集上映がありました。私は大喜びで通い詰め、チェコスロバキアの偉大な才能が残した数々の映像芸術に酔いしれていました。そしてそれと同時に、幕間に場内に流れる音楽が気になっていたのです。カレル・ゼマンにそんなに合っているとは思えないテクノポップなのですが、毎日同じのが流れていても苦ではなく、むしろこのCDをなんとしても入手したいと思いました。

ところで私は、店員さんなどを含めて面識のない人とやりとりすることを病的に恐れるところがあります。質問できず間違った品を買ったり、頼んだものに異常があっても言い出せず泣き寝入りすることもしょっちゅうです。そんな私が劇場のカウンターの人に「いまかかっている音楽はなんですか」と尋ねたというのですからどれほどそのCDが欲しかったかというのが想像してもらえるかと思います。

そうしたわけで無事入手(といっても売っているのを見つけるのが結構大変でしたが)したMINGのアルバム「Intérieur/Extérieur」は素晴らしかったです。抑制のきいたアレンジで電子音の魅力を最大限に引き出しつつ、アートぶったミニマル系のような退屈さと一線を画すポップな完成度の曲が揃っています。歌声も素敵です。現代のテクノポップは80年代的なチープさの再現ばかりを面白がる傾向がありますが、MINGのような音楽をきくとテクノポップにはまだまだ未来があるのだと嬉しくなります。3曲目のニュー・オーダーのカバー「subculture」は最高です。カバーという行為自体に懐疑的な部分がある私でさえ手放しで絶賛です。リリース元のDOXA RECORDSのサイトで「subculture」が試聴できます。これの前に1枚アルバムが出ているようですが私は入手できていません。

もしかしてあの時イメージフォーラムで私のようにMINGが気になっていて、でも劇場の人には聞けなかった、という人が今ここを読んでいるかも知れませんね。あれはMINGですよ。勇気を出して質問するとこういう成果が得られることもあります。お互い人が怖くて大変ですが頑張って生きていきましょう。b0063914_015139.gif
[PR]
# by spky | 2005-04-15 23:00 | 音楽(CD)
コアラのマーチ メロンクリームソーダ
コアラのマーチは私の好きなお菓子です。この春限定としてメロンクリームソーダ味が加わりました。

コアラのマーチはいまでも100円くらいで買うことが出来る貴重なお菓子です。コンビニやスーパーでチョコレートのお菓子を買おうとすると、最近はどれも150円や200円ぐらいすることが多いので、100円くらいに価格をキープしているロッテの努力は嬉しいものです。さらに近年の普通のお菓子にも本物志向、高級志向が広がる傾向の中、このメロンクリームソーダ味の香料バリバリの懐かしい駄菓子フレイバーはこれまた高く評価できます。

私は小さい頃、親と街にでかけて飲食店に入ると決まってクリームソーダを注文しました。その色合いと味わいは子供心にも「これを体内に入れることは健康上になにかしらの犠牲を伴うのではないか」との直感を抱かせるのに十分でしたが、当時とにかく緑色が大好きだったのでほかのどの食品にも見ることができない鮮やかな緑色の魅力に取り付かれて愛飲していました。そんな昔のことを思い出させるこのコアラのマーチの味は春という季節にぴったりです。

ロッテはコアラのマーチの販売を通じてオーストラリアコアラ基金を大きく支援しています。ということはコアラのマーチをよく買っている私も間接的にコアラ保護に協力したことになりますね。これはいいことをした気分です。私は死んでも天国にいけるでしょう。そしてそこはきっとたくさんのコアラとゴロゴロ遊べる楽しいところでしょう。b0063914_17261047.gif
[PR]
# by spky | 2005-04-08 20:00 | 食品
クラウデッド・ハウス
クラウデッド・ハウスは私の好きなバンドです。85年から96年まで活動していました。

世界的ヒット曲「ドント・ドリーム・イッツ・オーバー」などで有名なセルフタイトルのデビューアルバムと、続く2作目「テンプル・オブ・ロウ・メン」は名作でおすすめです。当時の音楽シーンではアコースティック風味のギターポップはあまり盛り上がっていませんでしたが曲のあまりの良さに見事大成功をおさめてかっこよかったです。プロデューサーのミッチェル・フルームとエンジニアのチャド・ブレイクのコンビもこの頃から有名になりました。例のゴリゴリした古新しい独特のサウンドはまだ露骨には現れていませんが、ミッチェル・フルームが加えた懐かしめのキーボードプレイが特に評判でした。3作目の「ウッドフェイス」はすこし趣が異なりますがやはり曲がよかったです。4作目はプロデューサーが変わってしまい、あまり好きではないアルバムでした。メンバーの入れ替わりも目立ち始め、この後オリジナルメンバーのドラマーが脱退するに至りとうとう解散してしまいました。

ギターとボーカルのニール・フィンは本当にすごいソングライターです。解散後に2枚出ているソロ作もより哀愁が深まった感じの傑作です。ベースのニック・シーモアはアートワークも担当していて、最高にいい絵を描いています。そして今月、ドラムだったポール・へスターが自殺したとの報道がありました。当時のアーティスト写真にはいつもおどけた仕草で写っており、ひょうきん者のキャラクターで通っていたと記憶しているのでショックもなおさらです。むしろそういう人が実は何かを抱えてしまっているものなのでしょうか。ニール・フィンが曲を作っていたクラウデッド・ハウスですが、ポールの手による曲も3枚目と4枚目のアルバム、解散後に出たレア・トラック集にそれぞれ1曲づつ収められていました。「ウッドフェイス」の中の「イタリアン・プラスティック」という曲はシンプルでロマンチックな、とても素晴らしいものです。

私はあなたにローマのお皿を持っていく
それを美しいとあなたは言う
私達は楽しんでいると私は言う
イタリアのプラスチックほど素敵なものはない
(イタリアン・プラスティックより)

好きな曲:「MEAN TO ME」「I FEEL POSSESSED」b0063914_143115.gif
[PR]
# by spky | 2005-04-01 00:00 | 音楽(バンド)
ガリ・バルディン
ガリ・バルディンは私の好きなアニメ作家です。ロシアの人です。

今日から愛知万博が開催と報道されているのを見て思い出したのですが、私が唯一行ったことのある博覧会は1989年の横浜博です。その横浜博で記憶にあるのはソ連館、といっても正確には国際交流館の中の「ソ連邦/オデッサ」ブースです。宇宙開発関係の模型やパネルを昔ながらのストイックさで展示していた室内は外の会場と切り離されたかのように誰もおらず、ひっそりと静まり返ったその寂しい空気を楽しんでいると、ひとつのテレビモニターが目に入りました。そこで流されていたのがガリ・バルディンの1985年作品「ブレーク!」でした。

急にアニメが一作だけ説明も無く展示されているのもなんだか唐突で不思議な印象でしたが、初めて観る「ブレーク!」の素晴らしさに鮮烈な印象を受けた私はその後吉祥寺のジャヴ50とバウスシアターに通いつめソビエト(ロシア)アニメ、そしてチェコアニメにすっかり傾倒していくことになったのです。

出会いの話が長くなりましたが、バルディンは作品ごとにいろいろな素材でアニメを撮っていて楽しいです。私が特に好きなのは針金の人間の生活を描いた「紆余曲折」、粘土の人間がボクシングをする「ブレーク!」、マッチ棒が戦争をする「コンフリクト」です。3本に共通してみられる「人間と争い」という深いテーマが極めてわかりやすい形で伝わってきてとても感動しました。「ブレーク!」は昔ビデオで出ていたのでレンタル店に残っているのを見つけることができるかもしれません。

2年ほど前に出た「世界と日本のアニメーションベスト150」という本ではガリ・バルディンは選考委員にはなっているものの作品が入っていなくて残念に感じました。ノルシュテイン人気が突出するのも悪くないですが、そうしてみると私がお世話になった80年代末から90年代初めの頃の海外アニメフェスティバルのラインナップは素晴らしいバランスだったのだなあと、博覧会の思い出とともに懐かしんだりするのでした。b0063914_14481972.gif
[PR]
# by spky | 2005-03-25 12:00 | アニメ
たべっ子どうぶつチョコビスケット
ギンビスたべっ子どうぶつチョコビスケットは私の好きなお菓子です。季節限定とあるのでこれから暖かくなると姿を消すかもしれません。

たべっ子どうぶつといえば昔からおなじみのビスケットの傑作です。シンプルな動物たちのシルエットと、表面に英語でプリントされた動物の名前は時代を超えて通用する美しいデザインであり、もちろん味もおいしいので最高です。パッケージなど子供向けの印象ですが、私は成人してからも食べています。

そのたべっ子動物に加わったチョコビスケットを食べてみましたが、これまたたいへん良い出来で、オリジナルのおいしさを崩さず、新しい価値を生み出しています。パッケージもオリジナルを継承する雰囲気で(動物のイラストがちょっとダサくなってますが)、アクセントとして重要なモンドセレクションのメダルもばっちり鎮座、それも例の79年版ではなく02年にこのチョコビスケットで新たに受賞した分です。関係ないですがモンドセレクション(パリ世界食品オリンピック)の話になると普段温和な人が突然シニカルな顔で「ハハン!そんなのは…」などと言い出すことがあるので興味深いです。

さて、その箱なのですが、私はお店で箱を裏返して驚きました。私の中でたべっ子どうぶつの価値の3分の1ほどを占める、外国語教室がないではありませんか。そんな馬鹿な、と思ったら実は箱の内側に英語リストは印刷されていました。箱の横にもそう書いてありますね。しかしながらお店で手に取るときに「今日は英語と第二外国語は何語を学ぼうか」と自分で選ぶところからたべっ子どうぶつを食べる行為は始まっているのであり、やはり箱の片面は英語+第二外国語(独・西・露・中)+日本語が併記された「外国語教室」であってほしいと切に願います。b0063914_70153.gif
[PR]
# by spky | 2005-03-18 12:00 | 食品



ブログの練習です
by spky
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31